沿革

1989年7月(平成1年)

横浜市立大学医学部創立50周年記念事業実行委員会を設立

1990年7月(平成2年)

50周年記念事業募金運動を開始

1991年7月(平成3年)

横浜市立大学医学部附属病院が金沢区福浦に開院

同病院内の売店は横浜十全会が経営

1991年12月(平成3年)

50周年記念事業として財団法人を設立する発起人会を開催

1992年4月(平成4年)

神奈川県知事より財団設立の許可

1993年12月(平成5年)

第1回研究助成金を交付、以降毎年度交付

1994年10月(平成6年)

収益事業を開始

横浜十全会から南区及び金沢区の横浜市立大学附属病院内売店の経営を引継ぎ、同会に経営を委託

1997年4月(平成9年)

横浜市立大学附属病院内売店経営を直営化

2000年1月(平成12年)

横浜市立大学医学部附属市民総合医療センターが南区浦舟町に開院

同病院内の1階売店は財団が経営

2000年3月(平成12年)

横浜十全会からの寄附金で医療技術研究助成の横浜十全会基金を設置

2003年3月(平成15年)

梅原清氏からの寄附金で梅原基金を設置

2011年9月(平成23年)

一般財団法人横浜総合医学振興財団に移行