助成関連

HOME > H29学生自主的活動助成国際学術交流事業助成の募集要項

2014gakusei-midashi.jpg

一般財団法人横浜総合医学振興財団 
平成30年度学生自主的活動・研修助成(海外/国内)
国際学術交流事業助成

募 集 要 項

○学生自主的活動・研修助成(海外/国内)

横浜市立大学医学部の学生が海外又は国内で行う、ボランティア活動等の自主的活動や医学研修等に参加する経費の一部を助成します。大学院生はこの要項での学生に含まれません。
なお、海外或いは国内研修に参加する場合は、原則として研修受入先の受入承諾書等の研修内容を証明する書類の添付を必要とします。
又、原則として当助成申請に係る活動や研修に他団体から助成を受けている場合は、当財団の助成は受けられません。

1 助成金額

経費総額の2分の1程度の額を目安とし、1件15万円を限度とする。

2 申請書の受理

随時受付けますが、助成金総額が予算額(150万円)に達した場合は、受理を停止します。

「学生自主的活動・研修助成(海外/国内)」の申請書(WORD版)はこちらからダウンロードできます


○国際学術交流事業助成

横浜市立大学関係者が行う国外からの短期の医学・医療の研修等の受入に助成します。
又、当申請に関して他団体から助成を受けている場合は、当財団の助成が受けられません。

1 助成金額  1件10万円程度

2 申請書の受理

随時受付けますが、助成金総額が予算額(20万円)に達した場合は、受理を停止します。

「国際学術交流事業助成」の申請書(WORD版)はこちらからダウンロードできます


応募方法

所定の申請用紙に必要事項を記入して、財団事務局に提出してください。原則として申請する活動や研修の2週間以上前に提出してください。

申請用紙の入手方法
① 財団ホームページからダウンロードできます。
② 財団事務局にご請求ください。

メールアドレス igakuz@af.wakwak.com

財団事務局 横浜市金沢区福浦3-9横浜市立大学医学部内B122号室
TEL 045-788-8635  FAX 045-788-8640

報告書の提出
助成を受けた自主的活動や海外研修、或いは国際学術交流事業の終了後、速やかに、報告書及び収支決算書(領収書添付)を提出していただきます。
提出された報告書を基にして報告書集を財団で作成(ホームページに掲載)するため、報告書は紙媒体の他にその内容を収録した電子媒体、又はメールでデータを提出してください。