事業概要

当財団は、公益事業として、医学・医療の研究や教育・研修などの諸活動に助成しています。
又、公益事業を支援するため、収益事業として、横浜市立大学附属病院(金沢区福浦)及び横浜市立大学附属市民総合医療センター(南区浦舟町)の各院内で売店を経営しています。売店の売上純利益の全額が研究助成等の公益事業の財源に使われています。

Ⅰ 研究等助成
1 推進研究助成
梅原清氏からのご寄附で設置された梅原基金による助成です。
既にある程度の研究実績があり将来性が期待される研究をさらに推進させることを目的に助成しています。特に臨床に応用されるものを重視しています

2 奨励研究助成
ある程度の実績を有する中堅研究者の研究をさらに発展させるための研究に対して助成します。

3 萌芽的研究助成
若手研究者(35歳以下、2年以上の研究歴を有する大学院生を含む。)を対象に、自らの発見と着想の中から得た芽生えを更に発展させるための研究に対して助成します。

4 医療技術研究助成
医師を除く医療関係者の実務的研究や業務改善の企画などを対象に助成します。

5 医学・医療関連事業助成
医学・医療の研究そのものではなく、医学・医療に関連する事業、例えば、医学・医療活動の啓発や研修事業などを対象に助成します。

Ⅱ 学会・公開市民医学講座の開催助成
学会や公開市民医学講座の開催経費の一部を助成します。

Ⅲ 教育改善研究等助成
横浜市立大学の医学教育改善研究、ワークショップ、学術集会、大学院優秀論文賞副賞、研修医指導者賞、国際交流などに要する経費の一部を助成します。

Ⅳ 学生海外医学研修・学生自主的研究活動助成
横浜市立大学医学部学生が行うボランティア活動などの自主的活動や医学・医療の海外研修に対して助成します。